自然豊かで暮らしやすい仙台で美容外科に通う

イベントが多い

仙台駅構内

宮城県は東北地方に属し、東は太平洋に面しており、西は奥羽山脈に接しています。
全体的に自然豊かな県ですが、県の太平洋沿岸部から奥羽山脈のふもとにかけてが広大な平野となっていることから、米作を中心とした農業が盛んとなっています。
「ササニシキ」や「ひとめぼれ」などが栽培され、米所として有名です。
米の出荷額は全体の4割程度を占めており、畜産(同じく4割程度)とともに、地域を代表する農作物となっています。
米の生産が盛んとなっていることに加え、良質の水が取れることから、日本酒造りも盛んとなっており、宮城県酒造協同組合には25社が加盟しています。
また、一ノ蔵(いちのくら)など、日本でも指折りの銘酒が造られています。

また、宮城は「世界三大漁場」のひとつである北西太平洋地域(三陸沖、常磐沖)に近いことから、漁業も大変盛んとなっており、水揚げ高も全国屈指の水準となっています。
サンマ、カツオ、マグロに加え、ホヤやふかひれ、カキなどの特産の水産物があります。
マグロ類では全国3位、カツオ類では全国5位で、かじき類とサメ類では全国1位となっています。
サメ類は全国の漁獲高のうち46%ほどを占めており、抜きんでた存在であると言えます(データは平成24年度)。
このように、宮城県の地域特性としては、豊かな自然と海洋資源に恵まれていることを充分に活かし、農業と漁業が大変盛んであることです。
宮城県を訪れる場合は、地域情報を充分に調べたうえで、こうした自然の恵みを堪能したいところです。